データ侵害管理ツール

当社の自動化されたデータ侵害管理サービスで、当局からの制裁金を回避、そしてデータ関連の緊急事態に素早くサポートをいたします。データプライバシーに特化し、数多くのデータ侵害通知に対応をしてきた法律事務所として、データ侵害対応のベストプラクティスをお約束いたします。

illustration of the breach overview process.

データ侵害からお客様を守るためのシステム

リスク評価

データ侵害から生じるすべてのリスクをAIで分類。

素早いガイダンス

すぐに何をすべきかをご理解いただけ、GDPR第33条に従った進め方について個別のアドバイスをいたします。

GDPR第33条の対応期限管理

72時間以内と定められた対応期限は、あっという間に迫ってきます。この時間内に効率よく対処するために迅速にサポートいたします。

GDPR第33条 監査証跡

GDPR第33条の文書化の義務に準拠するため、監査証跡を自動化。

守秘義務

弁護士とクライアント間の秘匿特権の下で、すべての情報を守ります。

監督機関への通知

お客様の指示により、当社が監督機関へ通知を行います。

データ主体への通知

影響を受けるデータ主体への通知を行います。

データ侵害ポータルページ

お客様の影響を受けるデータ主体に専用のオンラインポータルへのアクセスを提供します。

監督機関とのコミュニケーション

72時間の期限を効果的に管理し、違反や制裁金からお客様を守ります。当社で監督機関に提出するすべての通知を作成し、当社法律事務所で開発したGDPRコンプライアンスフレームワークに沿って、最大限のコンプライアンスを保証します。また、当局との正式なコミュニケーションも当社が代行します。

データ主体とのコミュニケーション

影響を受けるデータ主体に必要なすべての情報を作成し、推奨されるこれらの対象者への通知方法についてアドバイスをいたします。また、お客様がデータ侵害を是正し、影響を受けるすべてのデータ主体に通知する最大限の努力を示すために、データ侵害に関するすべての関連情報を掲載した専用のオンラインポータルを提供しています。

PrighterBreachはどのように機能するのですか?

Illustration of the detailed breach risk assessment process.
1

PrighterBreachにご登録の後、データ侵害に関する必要な情報をご提供いただきます。残りはすべて当社が担当します。

2

ご提供いただいた情報を基に、AIそして当社プライバシー専門チームによって、リスクの分類を行います。この分類の基準は繰り返しアップデートされ、GDPRや判例法、データ保護当局による出版物、欧州ネットワーク・情報セキュリティ機関および欧州データ保護委員会・専門調査委員会による公式ガイドラインにより策定されます。

3

リスクは次のように分類されます。

低リスク 個人の権利や自由に対するリスクの可能性が低い場合のデータ侵害。データ侵害に関しては文書化する必要がありますが、監督機関や個人に通知する必要はありません。当社は記録のため、監査証跡を提供いたします。

中程度のリスク 個人の権利や自由に対するリスクの可能性がある場合のデータ侵害。データ侵害に関しては文書化し、監督機関に通知する必要があります。どの監督機関が管轄しているか当社が特定し、通知書を作成した上で必要な公的手続きで提出いたします。

高リスク 個人の権利や自由に対するリスクの可能性が非常に高い場合のデータ侵害。監督機関に通知するだけでなく、データ侵害の影響を受けるデータ主体にも通知することが求められます。当社はGDPR第33条に従って、GDPRのコンプライアンスを維持するために必要な通知とアドバイスを提供いたします。