ニュース

picture

🚨 CASE LAW UPDATE ⚖️ Case T-557/20 European General Court (EGC)は、何が個人データとして適格か、また仮名化の概念に関する真の画期的な判決である。

2016年のBreyer判決(C-582/14)以来、間接的に識別可能なデータは常に個人データとみなすのが一般的であった。ケースT-557/20、Single Resolution Board (SRB) v. European Data Protection Supervisor (EDPS) - ケースT-557/20において、EGCは、仮名化されたデータの転送は匿名化につながる可能性があるという結論に達した。重要な問題は、再識別化が受領者にとって合理的に可能かどうかである。

picture

EDPB、中小企業向けデータ保護ガイドを発表 ❗ 💬 EDPB、中小企業向けデータ保護ガイドを発表

欧州データ保護委員会(EDPB)はこのほど、中小企業が一般データ保護規則(GDPR)へのコンプライアンスを達成するのを支援するために作成された「データ保護ガイド」を発表しました。この有用なマニュアルは、データ保護の基礎、データ主体の権利、データ侵害などの重要なGDPRコンプライアンスのトピックをカバーし、様々な実用的なツールと実例を提供しています。EDPBは、ビデオ、インフォグラフィック、インタラクティブなフローチャートなど、さまざまな資料を盛り込み、中小企業にとって使いやすく、アクセスしやすい情報を提供することを目指しています。

picture

エキサイティングなお知らせEDPB、データ主体の権利に関する最終ガイドラインを発表 - データへのアクセス権

欧州データ保護委員会(#EDPB)は、広範なパブリックコンサルテーションを経て、データ主体の権利-アクセス権に関するガイドラインの最終版を発表した。

picture

EDPBがメタ論争を解決し、チャットGPTタスクフォースを設立 💡 EDPBがメタ論争を解決し、チャットGPTタスクフォースを設立 💡 EDPBがメタ論争を解決し、チャットGPTタスクフォースを設立

GDPR第65条に基づき、欧州データ保護委員会(EDPB)は、メタ・プラットフォームズ・アイルランド・リミテッド(メタIE)のフェイスブック・サービスのための米国へのデータ移転に関する紛争に決着をつけた。この決定は、アイルランドデータ保護局(DPA)からの重要な法的質問に対する回答であり、各国のDPAがGDPRを一貫して適用することを保証するものである。

picture

⚖️ CASE LAW Update 📣 EU司法裁判所(CJEU)、GDPRにおける個人データへのアクセス権を明確化

CJEUは、Case C-487/21において、GDPR第15条に基づくアクセス権の解釈を明確にする判決を下した。同判決は、個人データの文脈における「コピー」と「情報」という用語の意味を明確にしている。