クリアビューAIの上訴成功で管轄権の問題が浮き彫りに。顔認識技術をめぐる議論とプライバシーへの影響を探る。 | Prighter
ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

顔検索会社クリアビューAIが英国の罰金処分を覆す

顔認識技術を専門とするクリアビューAI社は、英国情報コミッショナー事務局(#ICO)から課された750万ポンドの個人情報保護罰金を覆すことに成功した。同社の革新的な技術は、インターネットから収集された膨大な画像データベースから特定の顔と一致する画像を検索し、一致した画像がオンラインで表示される場所への貴重なリンクを提供する。

クリアビューAIは主にイギリス国外の法執行機関にサービスを提供しており、今回の控訴は、ICOがこの特定のケースにおいて管轄権を欠いているという事実にかかっていた。第一審の3人からなる法廷は、クリアビューAIは英国外で活動する法執行機関のみによって使用されているため、ICOには強制措置を取ったり罰金を科したりする権限はないと結論づけた。

批評家たちは、この技術のプライバシーと市民的自由の意味合いについて懸念を示し、しばしば “永久警察のラインナップ “と呼んできた。今回の判決は、クリアビューAIに有利なものではあるが、顔認識技術の倫理的・法的境界をめぐる継続的な議論を強調するものである。

ICOは、この判決が、英国内の人々のデータを処理する国際企業、特に英国内の個人のデータをスクレイピングする企業に対して行動する能力を否定するものではないと述べている。このケースは、一般に入手可能な大量のデータのスクレイピングの問題が、データ保護とプライバシーの領域において依然として重要なテーマであることを再認識させるものである。