世界的なデータ保護の進展や広く採用されているデータ保護法の概要について最新情報をお知らせします。    | Prighter
ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

1月28日はデータプライバシーデー!現状の振り返りと今後の展望

今日までの進展を振り返り、今後の展望を見てみましょう。

🔍振り返り

  • スイス FADP :データ保護に関するスイス連邦法により、強力なデータ保護対策を実施。
  • 世界的な動き:より安全なデジタル環境のための十分性認定とAI法における注目すべき前進。
  • グローバル法の概要:プライバシーの世界的重要性を認識し、194カ国中137カ国がデータ保護のための法律を制定。同意のない個人情報収集への懸念が、こうした保護措置に拍車をかけている。

📊法規制の概要

  • 71%:法制化された国
  • 9%:法律草案がある国
  • 15%:法律がない国
  • 5%:利用可能なデータがない国

🗺️世界のデータ保護の状況

今日、160の国と自治管轄区域が包括的なデータ保護法を導入しており、世界人口の82%をカバーしています。

展望ー2024年の主要な期日と内容

  • CCPA施行:3月29日施行
  • 米国の州プライバシー法: 今後の動向に注目
  • EU NIS II: 10月17日までに国内法に移行予定
  • デジタルサービス法(DSA)
  • 中国のデータ保護法 PIPL:実施ガイドラインは未公表

当社は例年通り、お客様に最新情報を提供し、データプライバシーコンプライアンス対応の簡略化に尽力していきます。事業展開する国における様々な個人情報保護規制を遵守するための代理人の選任を検討されている場合やデータプライバシー環境の変化に備えている場合、データ保護プロセスを合理化するための自動化ソリューションをお探しの場合など、様々な状況にご対応いたします。