ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

AI責任ルールの形成:欧州における公平な保護のためのEDPSのビジョン

欧州データ保護監督機関(EDPS)は、人工知能(AI)の責任に関する2つの重要な提案について、独自の見解を発表した。これらの提案は、欧州における人工知能の責任ある導入を支援する欧州委員会の広範な計画に不可欠なものである。

⚖️ EDPSは、これらの提案の包括的な目的である、AIに起因する被害の被害者が、AI以外のシナリオで被害を受けた被害者と同等の保護を享受できるようにすることを断固として支持する。

🤖 不透明性、自律性、複雑性、継続的な適応、予測不可能性など、AIシステムのユニークな特性は、AIに関連する損害の救済を求める個人にとって、しばしば手ごわい課題となる。

ᔍ 主な提言

🔸EU の機関、団体、機関によって製造または使用された AI システムによって被害を受けた個人に対し、民間事業者や国家当局によって被害を受けた個人と同等の保護を確保する。

🔸 ハイリスク、非ハイリスクの分類にかかわらず、すべてのAI関連の損害に手続き上の保護措置を拡大する。

🔸AI提供者と利用者による透明性のある情報開示を義務付け、アクセシビリティと理解を促進する。

AILD提案がEUデータ保護法の適用を妨げるものではないことを明確にする。

さらに、EDPSは立証責任の再評価を提案し、AIシステムがもたらす特有の課題に対処するための公正でバランスの取れたアプローチの一環として、審査期間の短縮を提唱している。

EDPSは、AIの責任に関する規則の策定において限界に挑戦している。EDPSの提言は、責任あるAIの導入に向けたEUの戦略と密接に連携しており、AI関連の事故によって悪影響を受ける人々を保護するというEDPSの揺るぎないコミットメントを強調している。欧州は、AIの技術革新を促進するだけでなく、日進月歩のAIの状況において個人の保護を優先する先進的な枠組みを構築する道を歩んでいる。