EGCが仮名化されたデータ転送、再識別化、および国際的なデータ転送に及ぼす潜在的な影響について検討する。 | Prighter
ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

🚨 CASE LAW UPDATE ⚖️ Case T-557/20 European General Court (EGC)は、何が個人データとして適格か、また仮名化の概念に関する真の画期的な判決である。

2016年のBreyer判決(C-582/14)以来、間接的に識別可能なデータは常に個人データとみなすのが一般的であった。ケースT-557/20、Single Resolution Board (SRB) v. European Data Protection Supervisor (EDPS) - ケースT-557/20において、EGCは、仮名化されたデータの転送は匿名化につながる可能性があるという結論に達した。重要な問題は、再識別化が受領者にとって合理的に可能かどうかである。

この決定は上訴される可能性が高い。この判決が欧州司法裁判所(CJEU)によって支持されれば、国際的なデータ移転がより容易になり、大きな変化をもたらすことになる。