news

picture

米国の画期的なプライバシー保護法案を発表:デジタル・プライバシー権の飛躍的前進

先週、米国議会の影響力のある2人の議員が、超党派の両院議員による連邦プライバシー法案の草案を発表した。

picture

欧州全域におけるデータ漏洩の届出:EDPBのリスト発表

AI法の最終文書に注目が集まっていたため、この重要なアップデートはほとんど注目されなかった。EDPBはついに、関連するすべてのEEAデータ保護当局(DPA)の通知プロセスを詳述したリストを公表した。改正されたガイドライン9/2022に関連して、非EU企業は26の言語で45のDPAに報告する必要があることを意味する。

picture

EDPB、主要施設の概念を明確化し、CSAM規則がプライバシーとデータ保護の権利を尊重するようEU立法当局に要請

本日2024年2月14日、EDPBはEU全域の企業や個人に影響を与えうる2つの重要な発表を行った:

主要事業所に関する明確化EDPBは、何をもってEU域内の企業の「主たる事業所」とみなすかについて、新たなガイドラインを提示した。これは、複数のEU加盟国で事業を展開する企業にとって重要である。このガイダンスは、特にEU域外でのデータ処理について決定を下す場合、企業がEUデータ保護法を遵守する方法を確実に把握するのに役立つ。

picture

AIガバナンスに新たなマイルストーン I EU諸国がAI法を全会一致で承認

EU加盟国は全会一致で人工知能法(Artificial Intelligence Act)に賛成し、世界的なAI規制の変革の舞台を整えた。

COREPERで全EU加盟国が承認したこの決定は、主要な利害関係者から懸念の声が上がっていたにもかかわらず、重要な一歩を踏み出したことを意味する。ティエリー・ブルトン欧州委員会委員は、この合意がバランスの取れたアプローチであり、信頼とイノベーションを促進し、市民の権利の保護を確保するものであることを高く評価した。

picture

🤝 国境を越えたデータの流れに関する日・EU協定:デジタル・コラボレーションにおける重要な飛躍

EUと日本は、国境を越えたデータの流れに関する画期的な協定に正式に署名し、社会と経済全体のデジタル化を推進するための重要な一歩を踏み出した。この協定は、日・EU経済連携協定(EPA)にシームレスに統合され、EUと日本のより強固な関係構築における重要なマイルストーンとなる。