news

picture

Navigating Data Privacy: 'Consent or Pay' Models and the Path Forward

The recent Court of Justice of the European Union (CJEU) ruling on Meta’s data processing practices has sparked uncertainty among many companies. In response to this, Meta introduced a pay-or-consent model, raising concerns about data privacy compliance and sparking broader discussions on targeted advertising and user privacy. Here are some key takeaways:

picture

AIにおけるGDPRコンプライアンス:CNILの最新ガイダンスから得られる重要なヒント

フランスデータ保護局(CNIL)は、AIシステムを開発する際に個人データの保護を確保するため、GDPRと人工知能(AI)の間の法的および技術的な説明を提供する一連の勧告を発表した。

picture

米国の画期的なプライバシー保護法案を発表:デジタル・プライバシー権の飛躍的前進

先週、米国議会の影響力のある2人の議員が、超党派の両院議員による連邦プライバシー法案の草案を発表した。

picture

欧州全域におけるデータ漏洩の届出:EDPBのリスト発表

AI法の最終文書に注目が集まっていたため、この重要なアップデートはほとんど注目されなかった。EDPBはついに、関連するすべてのEEAデータ保護当局(DPA)の通知プロセスを詳述したリストを公表した。改正されたガイドライン9/2022に関連して、非EU企業は26の言語で45のDPAに報告する必要があることを意味する。

picture

EDPB、主要施設の概念を明確化し、CSAM規則がプライバシーとデータ保護の権利を尊重するようEU立法当局に要請

本日2024年2月14日、EDPBはEU全域の企業や個人に影響を与えうる2つの重要な発表を行った:

主要事業所に関する明確化EDPBは、何をもってEU域内の企業の「主たる事業所」とみなすかについて、新たなガイドラインを提示した。これは、複数のEU加盟国で事業を展開する企業にとって重要である。このガイダンスは、特にEU域外でのデータ処理について決定を下す場合、企業がEUデータ保護法を遵守する方法を確実に把握するのに役立つ。