プライバシーチームのご紹介

当社は個人情報保護法のプロフェッショナルチームです。データ・プライバシー法律事務所の専門的な知識と、オンラインビジネスの課題に対する深い理解をもって、お客様が世界中でビジネスを安全に行うためのサポートを行います。

Man called Andreas in a suit.

博士号を持つアンドレアス・メッツラーは、データプライバシー専門の弁護士であり、法律事務所iuroのパートナーでもある。iuroは、Prighterのすべてのサービスで法律面のサポートをしている。プライバシー関連の多岐にわたる証明書を取得しており、銀行をはじめとする金融機関、テクノロジー、ヘルスケア企業のDPOでもある。彼の法律に関する深い知識と、プライバシー関連のプロジェクト経験がPrighterの基盤となっている。

Man named Christian in a suit.

Prighterの最高技術責任者(CTO)であるクリスは、起業家精神にあふれた技術者であり、ITソリューションの実装と実現に優れた実績を持ちます。Prighter社のエコシステムを設計し、顧客とのビジネスプロセス統合と戦略的目標を促進しています。コンピュータサイエンスの博士号と、情報システムの修士号を取得しています。

Women called Charlotte in a pantsuit.

シャーロットは、商業契約、データ保護、知的財産に関する問題を専門とする経験豊富な商業弁護士です。シャーロットは、さまざまな産業分野のクライアントと仕事をし、新興企業から大規模な国内および多国籍企業に至るまで、あらゆる規模の企業と取引をしてきました。業務法務と社内法務の両方の経験を持つシャーロットは、複雑な法律概念を実用的な商業ソリューションに落とし込むことができます。シャーロットはPrighterに入社し、英国法務チームを率いることになりました。

Women called Katharina in a pantsuit.

Katharinaは、ウィーン事務所を拠点とするプライバシーの専門家です。ウィーン大学で法律の学位を取得し、ティルブルグ大学で法律とテクノロジーの修士号(LLM)を取得しました。国際的な法律事務所からテクノロジー分野の国際企業まで、幅広いインターンシップを経験し、プライバシーとデータ保護の世界に深く入り込みました。英語、ドイツ語、クロアチア語に堪能。

Women called Isabelle in a pantsuit.

イザベルはIUROのアソシエイトで、データプライバシーと知的財産法の専門家です。Prighterではデータ保護のコンプライアンスを確保するためにクライアントをサポートし、法的解決作を企業へ提供しています。ウィーン大学で法律の学位を取得し、有名なデータ保護機関の証明書を取得済みです。オーストリアとリヒテンシュタインで実務経験を積んでいます。

Man called Michael in a suit.

MichaelはIUROのリーガルアソシエイトで、現在ビジネス法の修士課程を修了しているところです。IUROに入社する前は、別の法律事務所でデータ保護の分野で数年の経験を積んでいます。学士号では、起業家精神とイノベーションを専門に学びました。データ保護は彼の情熱であり、データ保護に関連するあらゆる問題を喜んで支援する。

Man called Kumpei in a suit.

日本人である白井は、Prighterの日本デスクを担当するプライバシープロフェッショナルである。これまでのアジア、ヨーロッパでの多岐にわたる経験より、異文化間のビジネスに深い造詣があり、日本語・英語・ドイツ語を話す。プライバシー準拠の側面から、お客様のヨーロッパ事業をしっかりとサポートする。

Man called Niklas in a suit.

ニクラスはIUROのアソシエイトであり、データプライバシーの専門家です。お客様がPrighterに満足していただけるよう、またデータ保護に関するあらゆる問題を解決するお手伝いをしています。いくつかの法律事務所で経験を積み、ウィーン大学で法律の学位を取得中です。

Women called Irmak in a pantsuit.

Irmakはトルコのセールスチームを率いており、新興企業から大企業まで、あらゆる業界のお客様に優れたサポートを提供しています。Irmakはニューヨークでマーケティングの経験を積んでおり、現在はニューヨーク州立大学でビジネス経済学の学位を取得中です。

Man called Robert in a suit.

ロバートは、仕事でも家庭でも開発者です。安全で堅牢なコードを提供することが彼の最優先事項です。データプライバシーとFOSSの信奉者として、Prighterのリーガルテックソリューションの戦略策定と指導を担当しています。

Man called Andreas in a suit.

AndreasはPrighterのフロントエンド開発者兼デザイナーです。ウィーン工科大学でコンピュータサイエンスを、ウィーン応用芸術大学でデジタルアートを学ぶ。Prighterのサービスのルック&フィールの改善を担当している。

Man named Hakan in a suit.

HakanはPrighterのフルスタックデベロッパーです。Prighterのサービスの機能性と信頼性の向上を担っています。また、イズミル工科大学でコンピュータサイエンスを専攻している。

Women with glasses called Sabrina

Sabrinaは、サポートとバックオフィスチームで、会計に関する質問だけでなく、一般的な質問にも対応しています。

Man called Eliott in a suit.

サセックス大学(英国)で国際ビジネスの学士号を取得しながら、Prighterのレジデンスに滞在しているエリオット。フランス人でありながら、英語とドイツ語も話します。テクノロジーとデータ保護の組み合わせが好きで、データ保護の問題については喜んでサポートします。