プライバシーチームのご紹介

当社は個人情報保護法のプロフェッショナルチームです。データ・プライバシー法律事務所の専門的な知識と、オンラインビジネスの課題に対する深い理解をもって、お客様が世界中でビジネスを安全に行うためのサポートを行います。

Andreas
CIPP Certification Logo CIPM Cerfiticate FIP Certificate

博士号を持つアンドレアス・メッツラーは、データプライバシー専門の弁護士であり、法律事務所iuroのパートナーでもある。iuroは、Prighterのすべてのサービスで法律面のサポートをしている。プライバシー関連の多岐にわたる証明書を取得しており、銀行をはじめとする金融機関、テクノロジー、ヘルスケア企業のDPOでもある。彼の法律に関する深い知識と、プライバシー関連のプロジェクト経験がPrighterの基盤となっている。

Women called Charlotte in a pantsuit.
CIPP Certification Logo

商業契約、データ保護、知的財産関連を専門とする経験豊富な弁護士であるシャーロットは、これまで多種多様な分野のあらゆる規模の国内および多国籍企業を担当してきました。業務法務と社内法務の両方の経験を持つシャーロットは、複雑な法律概念を実用的なソリューションに落とし込むことに長けています。Prighterでは、英国法務チームを率いています。

picture

ヴィシャルは、セールス&アライアンスマネージャーとして、パートナーシップの構築やマーケティング活動のサポートを通じて、Prighterの直接および間接的なセールスを管理しています。彼はテレコム、金融、SaaS業界でB2BおよびB2Cの15年以上のセールス経験があり、インド、シンガポール、イギリスなど、ヨーロッパとアジアの主要なマーケットに深い知識を持っています。

Women called Katharina in a pantsuit.

ウィーン事務所を拠点とするプライバシープロフェッショナルであるカタリーナは、ウィーン大学で法律の学位を取得後、ティルブルグ大学で法律とテクノロジーの修士号(LLM)を取得しました。国際的な法律事務所からテクノロジー系国際企業まで、幅広いインターンシップを経験し、プライバシーとデータ保護について深い知見を持っています。英語、ドイツ語、クロアチア語も堪能。

Man called Kumpei in a suit.

日本人である白井は、Prighterの日本デスクを担当するプライバシープロフェッショナルである。これまでのアジア、ヨーロッパでの多岐にわたる経験より、異文化間のビジネスに深い造詣があり、日本語・英語・ドイツ語を話す。プライバシー準拠の側面から、お客様のヨーロッパ事業をしっかりとサポートする。

Man called Robert in a suit.

ロバートは、仕事でも家でも開発者です。安全で堅牢なコードを提供することが彼の最優先事項であり、データプライバシーとFOSSの信者として、Prighterのリーガルテックソリューションの戦略策定と指導を担当しています。

Women called Irmak in a pantsuit.

トルコのセールスチームを率いるイルマックは、中小企業から大企業まで、あらゆる業界のクライアントに優れたサポートを提供しています。ニューヨークでマーケティングの経験を積んでおり、現在はニューヨーク州立大学でビジネス経済学の学位を取得しています。

Man named Hakan in a suit.

フルスタックデベロッパーのハカンは、Prighterのサービスの機能性と信頼性の向上を担っています。イズミル工科大学でコンピュータサイエンスを専攻しています。

picture

比較憲法学のバックグラウンドを持つ経験豊富なプロフェッショナル。細部にまで目を配り、法令遵守のサポートに取り組むジゼルは、業務支援のための分析など豊富な経験を持っている。彼女の専門知識はプライバシーや知的財産権にも及び、機密情報の保護を確実にするためのサポートを提供している。リーガル・プライバシーカウンセルとして、組織内およびパートナー間の円滑なコミュニケーションと業務を促進しながら、クライアントのプライバシーを保護する戦略を開発することに従事する。

Man called Andreas in a suit.

フロントエンド開発者兼デザイナーのアンドレアスは、ウィーン工科大学でコンピュータサイエンスを、ウィーン応用芸術大学でデジタルアートを学んでいます。Prighterのサービスのルックや、ユーザーエクスペリエンスの改善を担当しています。

picture

アレクサンドラは、才能豊かなフロントエンドデベロッパーであり、直感的で使いやすいソフトウェアの設計に豊富な経験を持っています。彼女の創造性とユーザーのニーズを理解する力は、Prighterが革新的でありながら分かりやすいソリューションを生み出すことを可能にし、クライアントが様々な地域にまたがるプライバシーコンプライアンスの複雑さを取り除くだけでなく、個人が自分のデータを管理するための簡単な方法を提供します。

Women with glasses called Sabrina

サポートとバックオフィスチームのサブリナは、会計に関する問い合わせだけでなく、その他の一般的な質問にも対応しています。

picture

Greeteはセールス&マーケティングインターンとしてPrighterに入社し、Prighterの成長に貢献するため、様々な分野で一般的なタスクでチームをサポートしています。彼女は言語とテクノロジーに強い関心を持っており、現在ウィーン大学とFH Campus Wienで多言語テクノロジーの修士号取得を目指しています。