ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

CASE LAW Update: C-300/21事件においてEU司法裁判所がGDPR第82条に基づく補償を明確化

本日、欧州司法裁判所(CJEU)は、一般データ保護規則(GDPR)第82条に基づく損害賠償に関する重要な問題を明らかにした。

👉 判決から得られる重要な点は、GDPRを侵害しただけでは自動的に損害賠償請求が生じるわけではないこと、また、請求がなされるためには、発生した非物質的損害のレベルが一定の閾値に達する必要はないことである。さらに、GDPR第82条に基づく損害賠償の程度を評価する基準は、同等性と実効性の原則に従い、国内法の問題である。