ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

⚖️ CASE LAW Update 📣 EU司法裁判所(CJEU)、GDPRにおける個人データへのアクセス権を明確化

CJEUは、Case C-487/21において、GDPR第15条に基づくアクセス権の解釈を明確にする判決を下した。同判決は、個人データの文脈における「コピー」と「情報」という用語の意味を明確にしている。

📄CJEUによると、個人データの「コピー」を取得する権利とは、GDPRによってデータ主体に付与された権利を効果的に行使するために必要な場合、データ主体が、文書からの抜粋、文書全体またはデータベースからの抜粋を含む、すべてのデータの忠実かつ分かりやすい複製を与えられなければならないことを意味する。

さらに、CJEUは、「情報」という用語が、管理者がコピーを提供しなければならない個人データのみを指すことを明確にした。