ニュース

AIにおけるGDPRコンプライアンス:CNILの最新ガイダンスから得られる重要なヒント

フランスデータ保護局(CNIL)は、AIシステムを開発する際に個人データの保護を確保するために、GDPRと人工知能(AI)の間の法的および技術的な説明を提供する一連の勧告を発表した。

主なポイントをまとめた:

🔹 CNILは、システム設計、データベース作成、学習段階を含むAI開発の初期段階からGDPRに準拠することの重要性を強調している. 🔹 プロジェクトの初期段階からデータ利用の具体的、明示的、かつ正当な目的を定義することの重要性を過小評価すべきではない。 🔹 組織は、コンプライアンスとアカウンタビリティを確保するために、GDPRの下での法的資格(データ管理者、処理者、その他の役割の別を問わない)を決定しなければならない。 🔹 ガイドラインは、AIシステムのトレーニング用データベースを開発する際に、データ保護影響評価(DPIA)を実施する必要性を強調しています。これは、個人のデータ保護権に対するリスクを特定・評価し、それを軽減するための対策を確立するのに役立ちます。 🔹 CNILは、設計段階からデータ収集に至るまで、AI開発におけるGDPR原則の重要な役割を強調しています。最初からデータ保護を優先することで、組織はプライバシーを確保し、リスクを最小限に抑え、AIシステム開発の強固な基盤を築くことができる。

CNILはAIシステム設計者の支援に尽力しており、近くGDPRに準拠した設計とトレーニング方法に関するガイドラインを発表し、データ検索や権利管理などのトピックを取り上げる予定である。