ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

EUのAI法の最終草案が発表される|フランスの提携に関する動きと最新情報

ルカ・ベルトゥッツィは、EU #AIAct法の最終草案を発表し、重要な発表を行った。昨日EU諸国に届いたこの重要な文書は、今週水曜日にEU理事会の技術機関である電気通信作業部会で予定されている重要な議論の基礎となる。

大使レベルでの公式レセプション(#COREPER)は2月2日に開催されるため、各国代表団のスケジュールは非常にタイトである。包括的な文書であるため、代表団は立法プロセスの複雑な概要を提供する最も重要なポイントに焦点を当てることになる。

さらに問題を複雑にするため、フランスは現在、他国との同盟の可能性を探っており、少数派の阻止を形成しようとしている。戦略的な目的は明確で、コレペルでの次回の投票に影響を与え、場合によっては法案の変更を達成することである。この戦術的な動きは、採決を延期するだけでなく、複雑な環境を切り抜け、法文に重要な変更が加えられるようにすることも目的としている。

困難な状況にもかかわらず、また妨害的な少数派が存在しないにもかかわらず、フランスの影響力は依然として衰えていない。フランスは、特に二次法に関して、AI法の施行に協力する決意を固めており、国家的課題におけるAI法の重要性を強調している。