日・EUデータ協定における強固なプライバシー基準とシームレスなデジタル・コラボレーションの実現。 | Prighter
ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

🤝 国境を越えたデータの流れに関する日・EU協定:デジタル・コラボレーションにおける重要な飛躍

EUと日本は、国境を越えたデータの流れに関する画期的な協定に正式に署名し、社会と経済全体のデジタル化を推進するための重要な一歩を踏み出した。この協定は、日・EU経済連携協定(EPA)にシームレスに統合され、日・EU間のより強固な関係構築における重要なマイルストーンとなる。

協定の要点

**データフローに関する共通アプローチ:**この協定は、データの流れに関する統一的なアプローチの基礎を築き、分断よりも協力を重視する。これにより、日・EU間のより円滑で効率的なデジタル交流への道が開かれる。

**デジタル保護主義に対するメッセージ:**国境を越えたデータに関する共通の基盤を確立することにより、デジタル保護主義や恣意的な制限に反対する強力なメッセージが発信される。オープンな協力関係へのコミットメントは、グローバル化したデジタル経済への献身を反映している。

**EUデジタルアジェンダの反映:**本協定は、EUのデジタルアジェンダと調和しており、イノベーション、経済成長、デジタルトランスフォーメーションの促進へのコミットメントを示すものである。本協定は、EUと日本をグローバルなデジタルリーダーシップの最前線に位置づけるものである。

**厳格なプライバシー規則の推進:**相互接続された世界におけるデータセキュリティの重要性を強調する。

🌐次は?

批准が待たれる中、これらの条項がEPAに統合されることで、デジタル協力の新時代への舞台が整うことになる。