ニュース

日・EU協定:EU理事会、データフロー円滑化議定書を承認

EU理事会は、欧州連合(EU)と日本間のデータ流通を促進することを目的とした議定書を正式に承認した。この議定書は、日本と欧州連合(EU)のより緊密な経済関係と協力関係を確保するための大きな前進である。

  • スムーズな国境を越えたデータの流れ**このプロトコルは、不必要な障壁や制限なしにEUと日本の間でデータが自由に行き来できることを保証する。これは、企業がより効率的に情報を交換できることを意味し、生産性とイノベーションの向上につながる。

  • 不当なデータローカライゼーション措置の撤廃:**不当なデータローカライゼーション措置を撤廃することにより、本協定は、EUと日本の双方で事業を行う企業により大きな法的確実性を提供する。これにより、企業は複数の場所でデータを保管することに伴う不必要なコストを回避することができる。

  • 企業の効率性の向上:**プロトコルが導入されることにより、企業はデータ取り扱いのより合理的なプロセスから恩恵を受けることになる。つまり、管理上のハードルが減り、法的枠組みがより予測しやすくなるため、企業は中核業務や成長戦略に集中できるようになる。

  • データ・セキュリティ:**データの自由な流れを促進することで、この協定はEUと日本双方の企業の競争力を高めることになる。さらに、データ保護規則がすべての関係者によって守られ、尊重されることを保証することで、データ・セキュリティが強化される。

議定書は今後、日本による批准が行われる。このプロセスが完了し、双方の内部手続きが完了すれば、協定は発効し、日・EU間の協力とパートナーシップの新時代の幕開けとなる。🤝 🔗