ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

EDPBによるメタ広告のための個人データ処理に関する緊急拘束力決定について

2023年11月1日、欧州データ保護委員会(EDPB)は、メタ社による行動ターゲティング広告のための個人データ処理に関する緊急拘束力を持つ決定を発表した。

主なハイライト

✅ EDPBはアイルランドデータ保護局(IE DPA)に対し、メタ・アイルランド・リミテッド(メタIE)に関して2週間以内に最終的な措置を講じるよう指示した。 ✅ 契約と正当な利益を法的根拠とする行動ターゲティング広告のための個人データ処理について、欧州経済領域(EEA)全域で禁止が課された。 ✅ この決定は、ノルウェーデータ保護局(NO DPA)からのEEA全域で効力を持つ措置の要請を受けたものである。

発効日: 📅 処理禁止措置は、IE SAによる管理者への最終措置の通知から1週間後に発効する。

メタ社の対応🔗 MetaはEDPBの緊急拘束力決定を10月31日に通知された。EDPBは法的根拠として同意に基づくアプローチを提案しており、現在アイルランドのDPCと関係監督当局(CSAs)が評価中である。

EDPB議長Anu Talusの声明: 🗣️ 「慎重に検討した結果、EDPBはMeta IEにEEA全体の処理禁止を課す必要があると判断した。2022年12月のEDPBの拘束力のある決定により、契約はMetaの行動ターゲティング広告処理の法的根拠として適切でないことが明らかになりました。さらに、Metaは昨年発行されたIE SAからの命令に準拠していないことが判明している。メタ社は、その処理をコンプライアンスに適合させ、違法な処理を中止することが不可欠である。”