ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

📌 エキサイティングなニュース:

🛡 英米両国は、データ・プライバシー枠組みを拡張し、データ・ブリッジを確立することを原則とすることを約束した。詳細は限られているが、この動きは首相の訪米を実質化する試みと見られている。データブリッジは、製薬や金融サービスなど、現在はプライバシーシールドの対象外だが、データの機密性に課題がある分野を包含する可能性がある。認証と説明責任のメカニズムを通じたデータ移転制度の拡大は、さらなる詳細を待たねばならないが、前向きな一歩である。

🗝 しかしながら、EUは英国の妥当性決定に関連する対内移転に関して疑問を持つ可能性が高い。さらに、最近の欧州議会の公聴会で強調されたように、データ保護・ダイレクトマーケティング・デジタルアイデンティティ(DPDI)法案の情報コミッショナー事務所(ICO)の独立性に関して、EU内で懸念が高まっている。