ニュース
注意事項: この記事は、英語から自動翻訳されています。原文については、英語の記事をご覧ください。一部の自動翻訳が不自然な場合がありますが、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。
picture

ホワイトハウスは、AI規制の新たな基準を定める大統領令を発布 🌐。

バイデン大統領は、米国が人工知能(AI)の可能性を活用する最前線に立つと同時に、その課題にも取り組むことを確実にするために一歩を踏み出した。

この大統領令は、すべてのアメリカ人の利益のためにAIを発展させることに焦点を当てた未来への道筋を示すものである。この大統領令は、安全、セキュリティ、プライバシー、公平性、イノベーション、国際的リーダーシップなど、AIの重要な側面に取り組む包括的な戦略を包含している。

AIの安全性とセキュリティに関する新たな基準:

  • 強力なAIシステムの開発者は、その安全性、安全性、信頼性を確保するため、安全性テストの結果を米国政府と共有しなければならない。
  • 国立標準技術研究所や国土安全保障省などの組織が主導して、AIシステムの安全性に関する厳格な基準とテストが確立される。

アメリカ人のプライバシーの保護:

  • 大統領令は、高度なAIを用いたプライバシー保護技術の開発を優先し、データプライバシーを保護する。

📌 公平性と公民権の促進:

  • 特に住宅や司法などの分野において、AIアルゴリズムが差別を悪化させることを防ぐための明確な指針。
  • AI活用のベストプラクティスを通じて刑事司法制度の公平性を確保する。

消費者、患者、学生のために立ち上がる:

  • 医療と教育におけるAIの責任ある利用を促進する。
  • 労働者の権利を支援し、雇用の移転に対処し、公正な職場慣行を確保する。

イノベーションと競争の促進:

  • 特にヘルスケアや気候変動などの重要な分野におけるAIの研究を奨励する。
  • 小規模な開発者や起業家がAI技術にアクセスし、イノベーションを商業化するためのリソースを提供する。

📌 海外におけるアメリカのリーダーシップの推進:

  • 世界規模でのAIの安全かつ責任ある利用を確保するため、他国と協力する。

Ǵ 政府によるAIの責任ある効果的な利用の確保:

  • 責任あるAI導入のための政府のガイドラインと合理化されたプロセス。

この大統領令は、AIの卓越性と安全性に向けたアメリカの旅において極めて重要な動きである。政権は引き続き、責任あるAIイノベーションを支援する法律を制定するため、議会と協力することを約束する。